NABOWA MAI MAI 15th ANNIVERSARY LIVE 2019.11.24 SUN


NABOWA MAI MAI 15th ANNIVERSARY LIVE

cafe.the market mai mai

2019.11.24 SUN

Open 18:30 Start 19:30 Adv :¥3000 Door : ¥4000 (別途ドリンク代要)

(小学生以下無料 中学生¥300)※チケット枚数に限りがございます


LIVE : NABOWA

DJ : K.U.D.O (MAJOR FORCE)

Food : JP`s vender 61


NABOWA

HP http://www.nabowa.com

京都を拠点に活動している4人組インストゥルメンタル・バンド。
2019年4月に発売した「DUSK」を含め、現在までに6枚のアルバムをリリース。

国内外大型フェスへの出演や、近年は、台湾3都市ツアー、香港ワンマンを行うなど
ライブアクトとしてアジアでも高い評価を獲得している。

Member|YU KAWAKAMI (drums | piano), KANADE KAGEYAMA (guitar), HIRAKU YAMAMOTO (violin), ITARU HORIKAWA (bass)

Instagram|https://www.instagram.com/nabowa_jpn

Twitter|https://twitter.com/nabowa

Facebook|https://www.facebook.com/nabowa



K.U.D.O (MAJOR FORCE)

世界トップクラスのサウンドクリエイターであり日本HIP-HOPのオリジネイター。

1983年に元プラスチックスの中西俊夫、佐藤チカらを中心としたセッションバンド【MELON】に屋敷豪太と共に加入。
1988年秋、高木完、藤原ヒロシ、屋敷豪太、中西俊夫と日本初のヒップホップ・レーベル【MAJOR FORCE】を設立。
1989年中西俊夫とのユニット【SEXY T.K.O】の活動開始。
その後藤原ヒロシとともに小泉今日子やUAをプロデュース。
1994年にはUKロンドン発のレーベルオーナー【MO’WAX】ジェームス・ラヴェルと共にU.N.K.L.E.を結成。
JON SPENCER BLUES EXPLOSION、BUFFALO DAUGHTER…etcのリミックスを手掛ける。
近年では藤原ヒロシと2010年に発表される世界唯一マイケル・ジャクソンの公式リミックス・アルバム
『MICHAEL JACKSON/JACKSON 5 REMIXES』の作品を発表。


JP`s vender 61

http://www.instagram.com/jpsvender61/

Forty Fiveが新たに手がけるプロジェクト。

ニューヨークに行くと必ず食べたくなる、あのフードトラックの味が

忘れられなくて2019年にスタートした、チキンオーバーライス専門店

JP`s vender 61。現在はイベントなどで不定期にて出店中。

こだわりの特製スパイスに漬け込んだ鶏肉にオリジナルのピリ辛ソースと

クリーミーな味わいのソースが相性抜群です。



Ticket Information

cafe.the market mai mai

http://www.themarket.co.jp/maimai/

〒700-0977 岡山市北区問屋町14-101 K`s テラス1F

TEL 086 241 3141


チケット販売10月10日12時より

mai mai店頭、電話にて販売いたします。


| LIVE | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
DIG DUG2 mai mai day off party 2019.5.7(tue)
DIG DUG 2
mai mai day off party

2019.5.7(tue)
start 20:00 close 25:00
入場料300 円+ 1drink order
【DJ】
FRANKEN&AYAKA
cherry
leeyon
akanebeats
すーざん
かっすーみずほ
【FOOD】
JP’s vender 61
(Chicken over rice)

令和元年5月7日(火)の店休日に
岡山のイケてるDJを集めてパーティしちゃいます。
通常のフードメニューはお休みですが、
元maimaiスタッフが春から始める
『JP's vender 61』のチキンオーバーライスを特別に出してもらいます。
普段とは違う雰囲気のmaimaiに来てもらって、
音楽を聴くも良し、食べるもよし、
気軽にワイワイしにきてください♪
| LIVE | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
年末年始のお知らせ
| LIVE | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
死ぬほど長ぁーいポラリスライブレポート
まずはじめに言っておきますが
今回ポラリス、オオヤさんの言葉を借りるなら、
死ぬほど長ぁーい文章になっております。
気長に読んでください。

Polaris HASHIRU LIVE
@cafe.the market mai mai
お越し頂いた皆様ありがとうございました!
久々にライブレポートを書きながら当日を振り返ってみます。
16時閉店、テーブル、イスを外に出しステージPAをセッティングする。
バタバタしている内にポラリスメンバー御一行が到着してごあいさつ。
ドラムの優君はNabowaで何度も会っているんだけど、
ボーカルオオヤさんとベースの柏原さんははじめまして。
なんだけど全然違和感なく昔からの知り合いのように店に馴染んでました。

なんとなく今日のライブは上手くいく予感の中でリハーサルが始まる。

想像を超えてリハーサルの時点でかなりヤバい。
ずっと聴いてきたポラリスのサウンド。
透明感と浮遊感と疾走感+ライブ感が加わる。
念密なリハーサルが続くが、なんとか開場直前にリハーサル終了。

DJK.U.D.O.さんに音出ししてもらい予定通り 19時に開場。

K.U.D.OさんのDJはいつもながらに最&高な感じで、
客入れの間も何度も「この曲何すか?」と聴きに行かずにいられない、
流石のレジェンドDJでした。
レゲエ・ダブを基調にした多幸感の波にユラユラ揺れていると、
客席も良い感じで埋まってきたので、
オンタイムで20時からポラリスライブスタート。

「お待たせしました。ポラリスです」
オオヤさんのゆるい挨拶から始まり、
ギターのアルペジオが鳴り響く。
一曲目「季節」が始まる。
ハミングのようなコーラスからの ドラムブレイク、
そしてベースがうねり波動が生まれる。
まず、演奏の集中力がハンパない。
8分近い曲なのに全く時間を感じさせること無く、
引き込まれる音の渦の中、
次々景色が移り変わり季節はめぐる。
最後のコーラスが鳴り止んだ瞬間、
拍手喝采に包まれた。

「岡山でポラリスは15年ぶり、しかもポラリスの初カフェライブです」
という光栄な言葉を頂き、
これはマジでかなり嬉しいサプライズでした。

2曲目はふわふわとした印象的なシンセフレーズに導かれて「Nocturne」
独特の浮遊感が心地よいミドルテンポのナンバー。

3曲目は新作「HASHIRU」から弾むようなドラムとベースが印象的な「namioto」。
海岸を自転車で走り抜けるような疾走感がたまらない。
「最前列がーちびっ子達の遊び場になっててー、最高ですねー。
体育座りの人もいればソファーにゆっくりな人もいるし、
みんな自由でいーよねー」
という優しいMC。
良いんだか悪いんだかわからないけどこれがmaimaiのライブの魅力の一つかと。
親子で楽しめるフェス的空気が生まれていました。

4曲目はアメリカンニューシネマのサントラに入ってそうなインストナンバー「naked」
からの5曲目「cyan」
シアンは色のひとつで、水色に近い青緑色。
深く蒼く光るポラリスのような色。
ドラムマシン的ビートと流れる雲のようなシンセフレーズ。
童謡のようなサビのメロディーが印象的なナンバー。

6曲目は新作「HASHIRU」からのシングル的ナンバー「とどく」。
この曲の前のMCで今夜一つ目のサプライズ。
実はmaimaiスタッフのつくるちゃんとACUTEが2月22日に入籍したとのことで
お祝いして頂きました。
「あぁ 深く 青く 胸の奥には
とどく ひびく ようで
君の つづく つづく 話しさ
君のゆく空に 広がる世界
走る 時の中 会えてよかった」
この曲僕は本当に好きで、
特にここのフレーズが好きなのです。

ここで第1部が終了し、再びK.U.D.O.さんのDJ。
ここのDJが更にヤバかった。
鳥の鳴き声から宇宙船に乗せられてスペイシーなダブ空間へ。
「カントリー・リビング」のトロピカルな響きが極楽でした。
更に良い感じで会場が笑い声で包まれていく中 第2部がスタート。

7曲目は「It’s All Right 」。
初代店長拓ちゃんの息子さんのサッカーチームのテーマソングになってるという事で、
めちゃくちゃ嬉しいとポラリスメンバーも喜んでくれました。
ゆっくりと散歩するようなリズムに 暖かい夕焼けのようなメロディー。
ポラリスの優しさ全開の名曲です。

8曲目は「流星」
天体が巡るような緩やかなダウンビート。
寝っ転がって、ただぼんやり星が流れるのを見つめているような贅沢な時間。
コーラス部分ではお客さんからのコール&レスポンス。
最後は「ラララ♪」の大合唱が会場を包み込み一体感が増して来ました。

「ここからあげていくんでスタンドアップ!」
オオヤさんの掛け声でみんなが立ち上がり 9曲目「深呼吸」
ピアノが印象的だったCDのバージョンも良いのですが、
ライブ版は弾むギターカッティングが心地よいロックステディー・バージョン。
個人的に本当にこの曲が好きだったので
この時ばかりは最前列で踊ってしまいました。

続く10曲目は「檸檬」
ポラリス版ボサノバ的曲なんですが、
ライブバージョンはラテン度がかなり上がってブラジル感かなり高めで、
かなり踊れるバックトラックになってました。

かなり会場も盛り上がって来たところで11曲目。
「じゃあ次は、長ぁーい曲やります。 Fishmansの曲でSEASONです。」
やはり柏原さんがFishmansメンバーなのでこの曲を待っている人も多かったんではないでしょうか。
ポラリスが奏でる2018年、今を生きるSEASON。
これはやはりかなり圧巻でした。
この曲の不思議さは何と表現すればいいんでしょうか。
音の記憶増大装置とゆうか。
巨大な音の鯨に呑み込まれて大海を旅するようなそんな曲で。
普通に街中を走り始めたハズなのに途中から異空間に巻き込まれて、
気づいたらめっちゃ空飛んでて、ヤバいんだけど自由で楽しい、
でも哀しいみたいな。
12分間を全く感じさせない、
永遠に続いて欲しいと思わせる音の旅。
個人的には間奏のギターソロがたまらんかったです。


「やー、良かったー。真っ白になったね今」
というオオヤさんのMCで着地し、
本編最後の 12曲目。「オハナレゲエ」
ハナレグミのアッパーなバージョンも良いですが、
オオヤさんのソフトなボーカルバージョンもかなり良い。
バックトラックは70年代のジャマイカのようなストレートアップなレゲエでどんどんヒートアップ。
本日最高潮の盛り上がりとなりました。

アンコールの拍手が鳴り止まない中ポラリスメンバー再登場。
ドラムの優君のメンバー紹介中、
オオヤさんが「ザワザワしているぞー」と
ワザとらしく煽ってサプライズハッピーバースデー。
実はスタッフ間で秘密裏に進めていたのですが
うっかりバレてしまい、
優君は知らないフリをしたけど無理でしたという幻のサプライズ。
柏原さんのベース音でハッピーバースデーソングを弾いてもらいました。

「えー絶対また来ます。またやることにしました。」
という嬉しい言葉をもらってからの本当の最後の曲。
13曲目「光と影」
この曲もポラリス名曲中の名曲。
僕が最初にハマったのもこの曲でした。
深海から光を求めてゆっくりと上昇するようなベース、
波紋のように広がるメロディー。
どこか懐かしく、切なく優しい歌。
この曲はほぼ原曲に近いアレンジで、
正にポラリスらしい曲でした。
「ドラムス川上優、ベース柏原譲、ボーカルギターオオヤユウスケでした。
どうもありがとう、本当に。」

拍手喝采の中ライブ終了。
この後K.U.D.O.さんのゴキゲンなDJが続き、
ポラリスメンバーが物販コーナーでサインや握手をイベント終了時までしてくれました。

久々のライブでしたが、ライブはやっぱり良いなと思い出させてもらった、愛と笑いと音楽の夜でした。
僕達の同世代が仕事や子育てで忙しく、
ライブから疎遠になっていたmaimaiでしたが、
今回のようなフェス的空気のライブなら続けていけるんじゃないかと、
この雰囲気でライブ出来る場所もなかなか無いんじゃないかと、
改めて思い直したライブでした。
ポラリスさんもまた来ると言ってくれたので
これからも続けてゆきたいと思います。

最後にあの日に関わって頂いた全ての人に感謝を。
集まってくれたお客さん、maimaiスタッフ、
PAセッティングのプロサウンドさん、アテンド筒井君、
bud music代表バンさん、物販福江さん、
DJK.U.D.O.さん、ライブPA桑原さん、
ドラムス川上優君、ベース柏原譲さん、
ボーカルギターオオヤユウスケさん、つまりポラリスさん、
みなさん本当にありがとうございました!




| LIVE | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
Polaris HASHIRU LIVE@maimai2018.02.25(sun)


Polaris HASHIRU
LIVE 2018.2.25(sun)
@cafe.the market mai mai

LIVE:Polaris DJ:K.U.D.O(MAJOR FORCE)
OPEN 19:00 / START 20:00 ADV ¥3500 / DOOR¥4000
(別途ドリンク代要)

cafe.the market mai mai
岡山市北区問屋町14-101K's テラス1F
TEL 086 241 3141

いよいよ今月末の日曜日です!
mai mai店頭及び電話にて
チケット絶賛発売中!
| LIVE | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
Polaris HASHIRU LIVE 2018.2.25(sun)


Polaris HASHIRU
LIVE 2018.2.25(sun)
@cafe.the market mai mai

LIVE:Polaris DJ:K.U.D.O(MAJOR FORCE)
OPEN 19:00 / START 20:00 ADV ¥3500 / DOOR¥4000
(別途ドリンク代要)

cafe.the market mai mai
岡山市北区問屋町14-101K's テラス1F
TEL 086 241 3141

チケットは12月3日(日)12時より
mai mai店頭及び電話にて販売致します。
| LIVE | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
FREE SLOW 2017.06.25(sun)


FREE SLOW
coffee and music
2017.06.25.(sun)
@cafe.the market mai mai
Entrance Charge Free

MUSIC SELECTOR
akanebeats
bassie
cherry
FM Nishida
FxJxTx
ICHIROTA
RUMBA

FREE SLOW
"coffee and music"
『コーヒーと音楽』をテーマに
通常営業のBGMとして
DJの部屋に居るように
自由にのんびり選曲してもらう
音楽イベント
Hey, coffee and music, Man.
That's a combination.
| LIVE | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
A HAPPY NEW YEAR2017


明けましておめでとうございます! 今年もよろしくお願い致します! 2017年は1月5日からスタート! みなさんお待ちしております!
| LIVE | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
PLAYTHINGS 3 RELEASE PARTY 多謝!
“PLAYTHINGS 3 RELEASE PARTY
2015 End Of Year maimai SPECIAL”
ありがとうございました!

イベント終了後の多幸感、
からの年末年始の師走な日々を駆け抜け、気付くともうずいぶん時間が経ってしまいましたが、徒然なるままにイベントレポを綴ろうと思います。

お昼過ぎにお店に到着し、イベントの準備をしていると、レイのブツが登場しました。

ドン!

ズームでドン!

久々のmaimai名物レイちゃんケーキにテンション上がる!と同時にメンバー到着。

早速の記念撮影会。
そしてテーブルを動かし、ステージを作りPAセッティングしてリハーサル。


リハーサル中リラックスgomesさん。


ズームでgomesさん!

そんなこんなで和やかにリハーサル終了であっと言う間に開場時間なのです。


DJ Ari-changのナイスな選曲♪
後ろに写っているリディムのアコースティックアルバムが感慨深い。
いい感じに会場があったまったところで潮田さん登場。
いつもならDJをフェードアウトしてすぐ始まるライブ…が、始まらない…

静寂。
そして

ギター


たゆたう歌声。

潮田雄一さん。一音でその場の空気を変えてしまうヤバい音。波のような光のようなしなやかで儚い音。そして優しくもどこか孤独を感じさせる歌声。
海や森や雑踏の映像をバックにずっと聴いていたくなる音楽でした。
いつかワンマンライブを、そしてぜひあの名曲“メビウス”を聴きたいです。
潮田さんありがとうございました。


そしてgomesさん。
ストリングスオーケストラと録った"STRAP SHOES"の世界をどうライブで表現するのかと思ってましたが、
ピアノを弾き始めた途端gomesワールドが始まりました。
名画“ギター弾きの恋”のような、メランコリックで、ユーモアがあって、センチメンタルなサウンドトラック。
名曲“魔法のように”はもはや魔法そのものでした。
ノラジョーンズのカバーも最高。
gomesさんを見ているとチャップリンを思い出すのでいつか“Smile”をカバーして欲しいです。
gomesさんありがとうございました。


そして大トリはKeishi Tanakaことケイシ君。“アコースティックライブ=静かなモノ”という常識をぶっとばす激しいオープニングでスタート。
今回はアコースティックベストのようなメロディアスな選曲で、個人的に好きな曲ばかりで嬉しかった。


「今日はピアノがあるので…」とおもむろにピアノに座って始まった“Hello”
きっと多くの人にとって特別なこの曲に、こんな特別なサプライズが用意されているとは!マジでちょっと泣きました。
そして僕のワガママなリクエストを叶えてくれた、ほんの少し早い、来年に向けたクリスマスソングも最高でした。

そして本編最後の“夜の終わり”
もうこれは言葉になりません。
また再び、この曲をこの場所で聴ける喜び。
ケイシ君のアコースティックライブのきっかけとなった場所。
改めてmaimaiのアコースティックライブの響きの良さにふるえました。
ケイシ君本当にありがとう。


最後は三人によるセッション!
“Foggy Mountain”“Floatin' Groove”
でしっかり最後まで盛り上げて全編終了しました。
年末の忙しい中、懐かしい顔や遠方からのお客さんもたくさん来ていただきありがとうございました。

ケイシ君、ゴメスさん、潮田さん、アリちゃん、タカヒロさん、プロサウンドさん、スタッフのみんな、お客さん、関わってくれた全ての人に感謝です。
ありがとうございました!


おまけ:PLAYTHINGS3プレートをかじるgomesさん。

| LIVE | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
PLAYTHINGS 3 RELEASE PARTYチケット発売






PLAYTHINGS 3 RELEASE PARTY
2015 End Of Year maimai SPECIAL
12.27.sun@cafe.the market mai mai
ADV3000yen/DOOR3500yen(ドリンク別)
OPEN19:30 /START20:00

出演
gomes(fab)
Keishi Tanaka
潮田雄一(QUATORO)

DJ:Ari-chang

チケット発売は11月21日(土)10時より
maimai店頭及び電話予約で受付致します。
cafe.the market mai mai
岡山市北区問屋町14-101
TEL 086 241 3141
| LIVE | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Entry
Category
Archives
Recent comment