CROP MAGAZINE
KONCOSからmaimaiに
CROP MAGAZINE届きました!
なんだか北海道の十勝帯広を旅してる気分になれる本です。
ガイドブックには載って無い、
地元の人間のみぞ知る名店を
友達と巡る旅。
このコンパクトなバランスとローカル感がかなりいーです。
一冊?1080です。
欲しい方は連絡ください。
いつか岡山の本も作って欲しい。そしてそれに載せてもらいたい。
新たな夢ひとつ。
| BOOKS | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
BOOKS.THE MARKET 2014.11.23


BOOKS.THE MARKET
2014.11.23(sun)
12:00-17:00
@cafe.the market mai mai

古書五車堂
岡山市中区浜3丁11-7-105TEL 086 272 9779
http://www.gosyado.com/
MILBOOKS
岡山市北区西之町14-17プリペアドビル1FTEL 086 897 2415
http://www.milbooks.com/
cafe.the market mai mai
岡山市北区問屋町14-101TEL 086 241 3141
http://www.themarket.co.jp/maimai/

| BOOKS | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ひみつのもり


秘密の森 / 田中啓史

この雨があがったら
そっとあの場所に行こう
誰にも気づかれないで
秘密の森

maimaiというお店が始まる少し前。初代店長は僕にこう語ってくれた。
このお店は街路樹のイメージ。
町を歩くお客さんは、虫や鳥や森の生き物で、その生き物達が美味しいご飯を食べて栄養を取ったり、仲間としゃべったり、身体を休めたり、何かを発見出来る場所。
町の側で、ほっと休める、止まり木のような、街路樹のようなお店にしたい、と彼は静かに熱く語った。

ひみつのもりの絵本を見て
最初のmaimaiのイメージを思い出した。
移りゆく季節のように喜怒哀楽を魅せる森。
その中で気づく、想い。

ひかるやみ
そのさきをくちずさむ

このフレーズにグッときました。

一足早いケイシ君からのクリスマスプレゼント。
クリスマスでなくても、大切な人に贈りたい本と歌だと思います。
そして何度も繰り返し読みたくなる絵本です。

いつも勇気と男気を贈ってくれる啓史君ありがとう。

作品の製作過程と想いがつまったブログもぜひ読んでください。
http://keishitanaka.com/blog/



| BOOKS | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
yoshie tominaga "the Shepherd"


写真家、富永よしえによるUNDER COVER 2002-2007のパリ・コレクションの記録写真集。

そこにある静かなまなざし。

緊張、不安、苦悩、決意、愛情、自信、安堵、祈り。

パリコレという華やかなイメージとは真逆の
アートクラフト達の戦場の記録。
そう、これはもはや洋服ではなくアートなのだ。
たった1時間にも満たないショーのために
世界中から集まる人々。
その一瞬のために半年をかける沸点のような時間。

だがこの写真には驚くほどの静けさがある。
壊れそうな激しさと、祈るような優しさを内に秘めた静かな視線。
それはデザイナー高橋盾が見つめる作品、モデル、ショーの視線であり、
高橋盾を見つめるスタッフ、家族、友人の視線であり、
それら全てを見つめる富永よしえの視線である。

2枚、とても好きな写真がある。

1枚は大人達が真剣な顔でポラロイド写真を見つめる中、少年がキャンディを差し出し、
高橋盾が不意に受け取ってしまう写真。
この写真集の中にある、相手を想いやる気持ちが伝わってくる微笑ましい写真。

もう1枚は最初のショー直前の高橋盾。
祈るようにうつむいているので表情も気持ちもわからない。
ただ、恐ろしいほどの緊張感と壊れそうな美しさが伝わってくる写真。

この写真集から垣間見える、
偶然と必然による、人と人との繋がり。
真剣に好きなことにのめり込む情熱。
そして、見守り、見守られる想い。
それはきっと僕達の日常にもあるものです。
それらが詰まったこの空気を
maimaiで創っていこうと思います。
| BOOKS | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
robert weingarten "6:30am"


MAI BOOKSではmaimaiにある本を色々と紹介してゆきます。

まずはrobert weingartenの"6:30am"

この写真家さんのことは何も知らないのですが大阪のアート本屋で一目惚れしました。

6:30の朝焼けを同じ場所から撮り続けた写真集です。

同じ場所から同じ時間に撮っているはずなのに

一つとして同じ景色はなく、どれも言葉を失う美しさです。

どこまでも透明な青い日もあれば、虹色の日もあり、

天国のような日もあれば、この世の終わりのような日もある。

maimaiの前の大通りから眺める朝焼けや夕焼けもキレイですよ。

せわしない毎日の中で空を見ることの大切さを教えてくれる写真集です。
| BOOKS | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
Entry
Category
Archives
Recent comment