<< Maiko Kishi Kirie mai mai Live追加情報☆ | main | KISHI MAIKO Kirie MAI MAI LIVE☆ >>
DAYS LEAD / RIDDIM SAUNTER


DAYS LEAD / RIDDIM SAUNTER

「導かれる僕らの日々。その傍らで鳴る音楽」

かつて小沢健二は芸術についてこう言った。
「それはスーパーマーケットで買い物をするようにアレとコレを買ったからカゴの中はこうなるというものではなくて、アレもコレも買ったけど結局は向こうから走ってきた無限大がフュッと忍び込んで決定的な魔法をかけて住みついてしまったどうしましょう、というようなもの」

RIDDIM SAUNTERのサードアルバム「DAYS LEAD」。

超個人的に、今年一番好きなアルバムに決定です。
音楽に順位をつけるのはおかしいし、今年も数々の名盤があるのですが、
この一枚は別格です。
僕にとって、2009年といえば「DAYS LEAD」。それぐらい好きです。

このアルバムについて語るべきトピックはあまりにも多くあります。
全曲新曲ライブ、海外ツアー、海外レコーディング、アナログレコードとituneの先行発売、ジャケットとCDの別売り(世界初)等々。

そーゆートピックを全部無視したとしても、
もしRIDDIM SAUNTERを知らなかったとしても、
僕はこのアルバムを今年一番好きなアルバムに挙げます。

サンプルをもらってから本当に毎日聴いてます。
何度も何度も聴いているのに、またプレイボタンを押してしまうのです。

プロローグのストリングスが流れ始める瞬間の高揚感。
「Dear Joyce」や「Music By」のように一度聴いたら忘れられず一緒に歌いたくなってしまう「Sweet & Still」
RIDDIMならではの疾走感と上昇感の「The Moon At Dawn」
スティールパンが心地良い、今のところ一番好きな曲「Oh Baby,Why?」
僕ら世代には懐かしいネオ・アコースティック・パンク「Out You Go」
ライブハウスで暴れたいライオット・パーティチューン「Ain't A Pose」
今一番旬な音。東京版Lemonadeもしくは絶頂期のBlurを思わせる「Bad Is…」
子供達に歌わせたくなるような無垢なメロディー「Can You Catch Me?」
スティールパンとともにRIDDIM節とも言える必殺のシンガロングメロディーが炸裂する「Picture」
そして、あの名曲がディズニーのような輝きでバージョンアップされた「Waitz Of The Twinz」
そしてそして、アルバムの最後にこれほどふさわしい曲はない黄昏オーケストラ大行進「What Comes After The Parade」
旅の終わりのリラックスムード漂うエピローグのフェイドアウトを聴いていると、またプレイボタンを押してしまう。
そう。これは今どき珍しい一枚通しで聴きたくなるアルバムなのです。

このアルバムを聴いていると不思議に懐かしい感覚に包まれます。
それは洋楽を聴き始めたころの、どこの誰の曲かわけわからんけど、
英語もよーわからんし、意味もわからんけど、とにかく何度も聴いてしまうあの感覚。
ありとあらゆるものをとっぱらって、純粋に音だけでひきつけられる魔法のような感覚。
それをこのアルバムは持っているのです。
この感覚に大人になっても出会えるとは。ありがとうRIDDIM SAUNTER。
また音楽が好きになりました。そしてこれからもずっと好きでいられそうです。

最後に、今作はCDとジャケットが別売になっていて、ジャケットも数々のバージョンを選ぶことが出来ます。
で、今回僕はアナログレコードとWEB限定ジャケットを買ってて思ったんですけど。
みんな、ちゃんとCDや、レコードを買ったほうがいーと思います。
簡単にCDがコピーできて、お金を使わなくても音楽が聴ける時代です。
じゃーそこで、なんでお金を払ってCDを聴いたり、ライブに行くのかということを考えると、もーそれはアーティストに対するリスペクトの気持ちしかないんですよ。
それをお金という目に見える形で証明するべきなんですよ。
コピーで済ませるってことは、ある意味無銭飲食みたいなもんです。
僕も仕事上コピーやサンプルをいただきますが、気に入った作品は必ず買います。
だからCDやレコードを買いましょう。そしてライブに行きましょう。

最後になんだか難しい話になりましたが、そーゆーのも込みで、そしてそーゆーのが無くても、
僕はこのアルバムが今、一番好きです。
そしてこのアルバムをずっと聴き続けようと思います。
RIDDIM SAUNTERと同じ時代にいられることを感謝しつつ。
| FREE SLOW SOUNDS | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://maimai-event.themarket.co.jp/trackback/1272821
トラックバック
Calendar
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Entry
Category
Archives
Recent comment