いよいよ一週間前!コンコス+植田章敬!Petite mignon出店決定!


http://youtu.be/uGFArQKVKg0

KONCOS / 街十色



http://youtu.be/3xGFGCGrE40

KONCOS / 銀河鉄道がトンネルを抜ける Part1 Part2



http://youtu.be/bQISrISviec

植田章敬 / Pink





街十色旅するコンコス〜まちといろ100のいろ〜
mai mai10th Anniversary Live
2014.4.27 sun
@cafe.the market mai mai
出演 KONCOS、植田章敬
DJ SAINAS
OPEN 19:00 / START 19:30
ADV 3000yen / DOOR 3500yen (w/o 1drink)
TICKET2014.03.05 Wed 12:00より店頭販売、電話予約受付いたします。電話予約 086-241-3141
cafe.the market mai mai岡山県岡山市問屋町14-101 K'sテラス1F086-2413141
http://www.themarket.co.jp/maimai/

*アクセサリーPetite mignonの出店が決まりました*
https://petite-mignon.stores.jp/#!/





Koncos
古川太一、佐藤寛によるピアノとギターデュオ。
2012年10月に1stアルバム「ピアノフォルテ」をCD、LP+CDにてリリース。
同年11月より「旅するコンコス〜みんなのまちとぼくらのおんがく〜」と題し、全国47都道府県48箇所にも及ぶツアーを敢行。その後も、旅を続ける。
http://koncos.net


植田 章敬(うえだ あきひろ)
ビートルズやサムクック、マーヴィン・ゲイ、ダニー・ハザウェイ、山下達郎に大瀧詠一、スピッツ…とさまざまなミュージシャンに影響を受け、音楽を始める。バンド経験を経てソロ活動を開始。ソウルフルな歌声とともに放つのは、世代や環境を越え、あらゆる人々の心に寄り添う「みんなのうた」。日常にあふれた些細な物事や瞬間を言葉につづり、見落としがちな幸せや身近な人の優しさが、いつもそばにあることを表現する。ライブでは弾き語りを中心に、バンドスタイルや数多くのアーティストとの共演など、さまざまな角度から音楽の楽しみ方を提案。多彩な表現方法を持ちつつも筋の通った音楽スタイルは多くの支持を集めている。2014年4月30日にはアルバム「PINK」が発売される。
http://ueda-akihiro.net


SAINAS
藤原祐介のソロ・ユニット。DJとして岡山を中心に活動しながら、AU REVOIR SIMONE、BENJAMIN DIAMOND、DATA80、DJ FALCON、KIM、VALENTIONS、YACHTなど海外アーティストとも共演。
| LIVE | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
mai mai 10th Anniversary Live 『Curly Giraffe + Hirohisa Horie Acoustic Live』






mai mai 10th Anniversary Live
Curly Giraffe + Hirohisa Horie
Acoustic Live
2014.5.11(sun)
@cafe.the market mai mai

Live:Curly Giraffe + Hirohisa Horie
DJ:K.U.D.O

Open 19:00 Start 19:30
Adv 3000yen / Door 3500yen (w/o1Drink)

TICKET INFO
cafe.the market mai mai
岡山県岡山市問屋町14-101 K'sテラス1F
086-241-3141
http://www.themarket.co.jp/maimai/


Curly Giraffe

学生時代からベーシストとして数々のバンドで活躍。美大中退後、デザイナーとして仕事をするかたわら続けていたバンド活動が忙しくなり、音楽活動に専念。いくつかのバンドでメジャーデビュー後も、ベーシストとしてのサポート、プロデュースなど多岐に活躍。とにかく、モノを作っているときが一番幸せと語る。コンセプチュアルなお洒落さと、ドロドロとした初期衝動が同居するカーリージラフワールドを基本形に、さまざまなフィールドで発信中。
2005年カーリージラフとしての作品をリリース後、コンスタントに作品をリリース。
制作のほとんどすべてを一人でこなすアルバム制作のスタイルとは別に、ライブにおいては永年の仲間たちである凄腕の曲者たちとともにセッションを繰り広げ各地のフェス等で観客を沸かしている。
2009年4月サードアルバム「New Order」を発表。10月21日には、所縁のある女性ヴォーカリストを迎え、ライブのメンバーと共にスタジオ録音したセルフカバーアルバム「Thank You For Being A Friend」をリリース。同日、SHIBUYA-AXにて豪華ゲストを迎えたリリースパーティを開催。その素晴らしさは、朝日新聞からmixiまで、さまざまな場所で伝説として語られている。 2010年4月、オリジナルアルバムとしては4枚目となる「Idiots」をリリース。その後、初の全国ツアーを開催。
2012年3月7日、約2年ぶりとなる5th Album「FLEHMEN」をSPEEDSTARよりリリース。


Official HP
curlygiraffe.com
Twitter@curlygiraffenet



堀江博久

鍵盤弾き。多摩美術大学卒業後、20代の頃から、Corneliusを始めとする国内外問わず数多くのアーティストとのセッションを行い、自身が曲を書 き、 歌うNEIL AND IRAIZAを1995年に結成。最近ではMANNISH BOYS、caravan、LOVE PSYCHEDELICO、curly giraffe、くるり、coccoたちと音を奏で、一方で、PUPA、the HIATUSなどのバンド活動も行ってきた。フリーランスのキーボーディストとしてだけでなく、プロデューサー、アレンジャーとして様々なアーティストか らの絶大な支持を得ている。昨年キャリア初となるソロ・アルバム『AT GRAND GALLERY』をリリース。そして現在は、Rallye Labelよりリリース予定の全曲歌モノのフル・アルバム『Meet the Rallye』を制作中。


K.U.D.O(MAJOR FORCE)
世界トップクラスのサウンドクリエイターであり日本HIP-HOPのオリジネイター。1980年代に元プラスチックスの中西俊夫、佐藤チカらを中心としたセッションバンド【MELON】に屋敷豪太と共に加入。1988年、高木完、藤原ヒロシ、屋敷豪太、中西俊夫と日本初のヒップホップ・レーベル【MAJOR FORCE】を創立し、スチャダラパーやECDらを輩出。1992年制作活動の場をロンドンに移す。ロンドン発のレーベル【MO’WAX】のオーナー、ジェームス・ラヴェルと共に【U.N.K.L.E.】を結成。Massive Attack、Beck、Jon Spencer Blues Explosion、Cornelius、Mr.Children等、数々のリミックスを手掛ける。2000年代、帰国後は高木完と共に”A Bathing Ape”NIGO氏のレーベル【APE SOUNDS】で活動を始め、手掛けたリミックスはOOIOOからリップスライムまで多岐に渡る。その他UNDER COVER、NUMBER NINE、TAKEO KIKUCHIなどのショーの音楽も手掛ける。現在はフリーとして活動し、近年では藤原ヒロシと世界唯一マイケル・ジャクソンの公式リミックス・アルバム『MICHAEL JACKSON/JACKSON 5 REMIXES』 の作品を発表。





| LIVE | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
本日KONCOS『街十色 』アルバム&チケット発売日です!

本日3月5日
KONCOS
『街十色』
発売日です!
そして
街十色
旅するコンコス
〜まちといろ100のいろ〜
mai mai10th Anniversary Live
2014.4.27 sun
@cafe.the market mai mai
出演 KONCOS、植田章敬
DJ SAINAS

OPEN 19:00 / START 19:30
ADV 3000yen / DOOR 3500yen (w/o 1drink)

TICKET
2014.03.05 Wed 12:00より店頭販売、電話予約受付いたします。
電話予約 086-241-3141
cafe.the market mai mai
| LIVE | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
街十色 旅するコンコス 〜まちといろ100のいろ〜




街十色
旅するコンコス
〜まちといろ100のいろ〜
mai mai10th Anniversary Live
2014.4.27 sun
@cafe.the market mai mai
出演 KONCOS、植田章敬
DJ SAINAS

OPEN 19:00 / START 19:30
ADV 3000yen / DOOR 3500yen (w/o 1drink)

TICKET
2014.03.05 Wed 12:00より店頭販売、電話予約受付いたします。
電話予約 086-241-3141
cafe.the market mai mai
岡山県岡山市問屋町14-101 K'sテラス1F
086-241-3141
http://www.themarket.co.jp/maimai/



Koncos

古川太一、佐藤寛によるピアノとギターデュオ。
2012年10月に1stアルバム「ピアノフォルテ」をCD、LP+CDにてリリース。
同年11月より「旅するコンコス〜みんなのまちとぼくらのおんがく〜」と題し、全国47都道府県48箇所にも及ぶツアーを敢行。
その後も、旅を続ける。
http://koncos.net



植田 章敬(うえだ あきひろ)

ビートルズやサムクック、マーヴィン・ゲイ、ダニー・ハザウェイ、山下達郎に大瀧詠一、スピッツ…とさまざまなミュージシャンに影響を受け、音楽を始める。バンド経験を経てソロ活動を開始。ソウルフルな歌声とともに放つのは、世代や環境を越え、あらゆる人々の心に寄り添う「みんなのうた」。日常にあふれた些細な物事や瞬間を言葉につづり、見落としがちな幸せや身近な人の優しさが、いつもそばにあることを表現する。ライブでは弾き語りを中心に、バンドスタイルや数多くのアーティストとの共演など、さまざまな角度から音楽の楽しみ方を提案。多彩な表現方法を持ちつつも筋の通った音楽スタイルは多くの支持を集めている。2014年4月30日にはアルバム「PINK」が発売される。
http://ueda-akihiro.net



SAINAS

藤原祐介のソロ・ユニット。DJとして岡山を中心に活動しながら、AU REVOIR SIMONE、BENJAMIN DIAMOND、DATA80、DJ FALCON、KIM、VALENTIONS、YACHTなど海外アーティストとも共演。


| LIVE | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
mai mai 10th Anniversary Live "Koncos Live" 決定です!

[旅するコンコス 〜まちといろ 100のいろ〜]
LIVE
KONCOS
OPEN 20:00 START 20:30
ADV 3,000yen (w/o 1Drink) DOOR 3,500yen (w/o 1Drink)
TICKET
2014.03.05 Wed 12:00より店頭販売、電話予約受付いたします。
電話予約 086-241-3141
INFO
cafe.the market mai mai
岡山県岡山市問屋町14-101 K'sテラス1F
086-241-3141
http://www.themarket.co.jp/maimai/

maimai10周年記念
Koncosライブが決定しました!
チケット発売は3月5日正午からとなります。
ゲストDJ等さらなる詳細も近々アップします。
よろしくお願いします!
| LIVE | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
Awesome Music Cafe


Awesome Music Cafe
2013.10.20(sun)
@cafe.the market mai mai

GUEST DJ K.U.D.O (MAJOR FORCE)
Ari-chang (POPLIFE)
岡本方和 (Moderado Music)
筒井弘機
Nixon Fuzztone (Micro Giant)
Rumba (cafe.the market mai mai)

Catering CD Shop:流しのCD屋

そして問屋町フリーマーケット同日、
テラスにてDJイベントをします。
Awesome Music Cafeという気まぐれなタイトルを付けました。
Awesomeとは、主に音楽に対して使う、ヤバいとか、ぼっけーとか、でぇーれぇーとかと言った意味のスラングです。
そーゆーヤバい音楽に出会うカフェでありたいと思っています。
DJは日本、いや世界のクラブミュージックのレジェンド、MAJOR FORCEのK.U.D.Oさんを筆頭に、Moderado Music代表、流しのCD屋こと岡本さん、いつもmaimaiのイベントでえー感じのMadmosphereを創り出してくれる筒井くん、岡山と福山のPOPLIFE音楽大使Ari-chang、ある時はMicro Giant、ある時はOFFON GRAPHiC CENTERのREAL MAD SCIENTIC ARTISTIC MUSICIANニクソンさん、
そしてついでに僕、でお届けします。
まーあれですよ。
問屋町で昼間っから音楽かけてゆるーくチルアウトしたいわけです。

ちなみにこの日は岡本さんの『流しのCD屋』も出店して流していただきますので、
そちらもぜひよろしくお願いします!
| LIVE | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
Songs Filled Feelings
Keishi Tanaka Presents "ROOMS"に参加していただいたみなさん、ありがとうございました!

まずはライブをしてくれた啓史君、高本さん、DJをしてくれたありちゃん、藤原君、そしてケーキデコレーションの麗ちゃん
ありがとうございます!
プロサウンドさん、Niwタカヒロさん、
maimaiスタッフ、そして集まってくれたお客さん、ありがとうございました!
ライブレポートにとんでもない時間がかかってしまいました。すみません。
書こうとするものの、考えがまとまらず、書けない日々。
ならばブルーにこんがらがったまま、
とっちらかったまま、ありのままの想いを書いてみようと思います。

この日は、長年maimaiでケーキ職人として働いてくれていた麗ちゃんの最終日でした。
maimaiは個人店としては大きなお店で、数多くのスタッフが働いています。その中でも麗ちゃんは特別な存在でした。
ほぼ毎日顔を合わせ、時には笑い、時にはケンカし、大好きなアーティストのライブを観に行き、イベントの度にケーキを作ってみんなを幸せにしてくれました。
その麗ちゃんが辞めるのであれば、
麗ちゃんが一番好きなアーティストのライブでみんなでお祝いして送り出そう。
そのアーティストこそ、Keishi Tanaka、啓史君であり、啓史君は二つ返事で来てくれました。
さらに、昔からライブして欲しいと願っていたComeback My Daughtersの高本さんと一緒に。

啓史君と高本さんはお昼過ぎに来岡、
夕方にmaimai入り、そして一緒にステージセッティングまでしてくれました。
いつもは前列体育館座りなのですが、なるべく椅子に座ってゆっくり聴いて欲しいという配慮があり、ギリギリまで椅子をつめる。椅子の間隔までこだわるステージ監督啓史君。

ステージセット、リハも終了したところで、いよいよデコレーションケーキお披露目!

ROOMSケーキ!


MIRAケーキ!


海さんイラストクッキー!


ドサクサに紛れて記念撮影していただきました。ありがとうございます!
(僕と麗ちゃん緊張のあまり、あさっての方向を向いております)

ほぼ予定通りに開場。
ありちゃんのDJでスタート。

DJありちゃん笑っております。
そのままミックスCDにしてほしい、ポップでナイスなインディーミュージックで場を温めてくれました。
ありがとうございます!


緩やかな波のようなアルペジオから高本さんのライブがスタート。
高本さんの歌声には旅立ち感がある。
地平線の向こう、水平線の向こう、
まだ見ぬ世界への憧れと不安と孤独。
だがどこに行っても、誰かが去っても、自分は変わらず、自分であり続ける、自分の音を鳴らし続けるぜとゆう、覚悟とゆうか、使命とゆうか、男気がある。その男気にやられるのである。
新作MIRAが素晴らしい。
その素晴らしさは、また次回レビューしたいのだが、その中の珠玉の新曲
Please,Please,Pleaseを歌ってくれた。
次回はぜひともComeback My Daughtersでも来てほしいです。
ありがとうございました!


そして岡山のカリスマDJ藤原君。
今回はいつもよりエッジィでロッキンな男気なDJでした。
いつも本当にありがとうございます!


そしていよいよ啓史君登場!
いきなりHelloからスタート!
啓史君、リディム&ソロとして、おそらくmaimai最多出演アーティスト。
もはや貫禄すら感じさせるステージングでした。
ソロアーティストの弾き語りライブって、ステージと場の空気を、自ら生み出す波動で、お客さんと共振して創り上げるものだから凄いなと思う。
歌やパフォーマンスが素晴らしいのは言うまでもなく、なおかつ、その場の空気をコントロールするとゆうか、良い感じに暖めて、集中させて、居心地の良い場を創り上げる。
そのステージを創る場力が、ライブを観る度に段違いにあがっている気がする。
経験の成せる技か、ソロなのにバンドのようなステージだった。
ファーストにしてすでにベストアルバムのようなFillからの楽曲を中心にジョニ?ミッチェルのカバー曲や新曲を含むベストなステージはあっという間に過ぎていった。
アンコール前に、無理言って時間を作ってもらい、そこで麗ちゃん表彰式をさせてもらった。

極度の緊張で何をしゃべったかは覚えていない。
毎日朝早くから夜遅くまで、誰かのことを想いながら、想像を超えた、創造的なケーキを作り続け、みんなを感動させ、幸せにしてくれてありがとう。ごちそうさま。
そんなことを伝えたと思う。
しどろもどろでこんがらがった僕達の気持ちを、伝えたかった感謝の想いを啓史君がその後最高の曲で伝えてくれた。
あえて曲名は明かさないがその曲は特別だった。まさかだった。
そして新しい日々の始まりにこれほどふさわしい曲は無かった。
啓史君、ありがとう!

そして、最後は高本さんが再びステージに、まさかまさかのDEKITS、COMING OVER!
会場全体拍手と笑顔の大円団でした。
ありがとうございました!

そしてそして、イベント後、見事に燃え尽き、ライブレポートがなかなか書けず、今頃になってあげているのですが、てんでまとまらずもあげるキッカケになったのは、今日久々に麗ちゃんに会ったからなのでした。

たわいもない会話をし、またねと言い合った後に、谷川俊太郎の本が客席に残ってて、開いたページにこのうたがありました。
このうたを最後におくります。

みちのおわりは
ほりかえされたつちのなかです
ここからはもうくつをよごして
じぶんであるくしかないようです

だれがすてていったのか
あしもとにさびたあきかん
だがあしあとはかぜでけされ
たいようはぶあついくものなか

うたを
うたおう
うたにあわせて
あるきはじめよう

谷川俊太郎

| LIVE | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
Keishi Tanaka Presents "ROOMS" Keishi Tanaka + Kazuhide Takamoto

Keishi Tanaka / Wonderful Seasons -素敵な季節たち-


TOKYO ACOUSTIC SESSION : Keishi Tanaka - Hello


TOKYO ACOUSTIC SESSION : Keishi Tanaka - I've Never Seen


COMEBACK MY DAUGHTERS "Bored Rigid" Live ver.


Sissy Walk / COMEBACK MY DAUGHTERS


COMEBACK MY DAUGHTERS "Have Lancho"


COMEBACK MY DAUGHTERS - Always on your side (OFFICIAL VIDEO)

そして個人的にめっちゃおすすめの曲達をあげます!
いよいよ明日Keishi Tanaka Presents "ROOMS"
ぜひとも遊びにきてください!




Keishi Tanaka Presents "ROOMS"
2013.6.30(sun)
LIVE:Keishi Tanaka / 高本和英 (COMEBACK MY DAUGHTERS)
DJ:Fujiwara(SAINAS) / Ari-chang(POPLIFE)
DECORATION CAKE :Rei Nakamura(cafe.the market mai mai)
OPEN 20:00 START 20:30前売 3,500円 (ドリンク別途)
cafe.the market mai mai
ご予約&お問合わせ:cafe.the market mai maiTEL.086-241-3141
Keishi Tanaka http://keishitanaka.com
| LIVE | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
THE DEKITS
そして前回の続きです。
高本さん、啓史君はTHE DEKITSのメンバーでもあるのです!
THE DEKITSとは!
member
Keishi "KC" Tanaka / vocal & acoustic guitar
Masatomo "MAURICE" Yoshizawa from YOUR SONG IS GOOD / vocal & acoustic guitar
Syuta-low "TGMX" Tagami from FRONTIER BACKYARD / vocal & acoustic guitar
Kazuhide "TK" Takamoto from COMEBACK MY DAUGHTERS / vocal & acoustic guitar
(Takahiro "TKHR" Yamaguchi from NIW! RECORDS & DE KIT RECORDS / DH)

What is "THE DEKITS"?

奇数月の最終木曜日に、三宿webで開催中の"DE KIT DEE JAY'S"。その1周年の際に生まれたフォークカルテットが"THE DEKITS"。マイクとギターを置いてDJイベントを始めたメンバーが、遊んでるうちにたどり着いた答え。全員ボーカル全員ギターの4人組として、場所を選ばず活動中。2011年12月7日、1stアルバム"DE KIT 4 KEY'S"をリリース。

こちらも百聞は一聴にしかず!まず聴いてください!

「TRAIN TRAIN TRAIN」


「SUPERDUPERFOLK」


夏盤「CUBA LIBRE」


秋盤「COMING OVER」


冬盤「THIRSTY THURSDAY」

トーキョースーパーフォークセットとでも言うべき4人組。なんて贅沢なメンバーでしょう。
いつかこの4人でライブしてもらいたいものです!
| LIVE | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
高本和英 Kazuhide Takamoto (COMEBACK MY DAUGHTERS)


高本和英 Kazuhide Takamoto (COMEBACK MY DAUGHTERS)
http://www.comebackmydaughters.com/

さて、いよいよ今週末開催の"ROOMS"です。
今回は高本和英さんについて。
高本さんといえば、まずはCOMEBACK MY DAUGHTERS。


COMEBACK MY DAUGHTERS
1998年バンド結成。2000年8月に初音源となるアナログ盤「HOME OF THE SUN」を自主レーベルからリリース。 2004年4月に1stアルバム「SPITTING KISSES」をPIZZA OF DEATHからリリースし、幅広い層の支持を集める。 90sエモサウンドをバックグラウンドに持ちながら、フォーク、オルタナ、カントリーなど様々なジャンルを消化し、アルバムごとにサウンドスタイルを変化させた4枚のオリジナルアルバムをリリースする他、コンピレーションへの参加、サウンドトラックの制作など幅広い活動を行っている。ライブの定評も高く、フジロックフェスティバル、朝霧ジャム、ロックインジャパンフェスなどの大型フェスをはじめ、多数のイベントに参加。 2013年7月3日には、NYでレコーディングされた最新アルバム「Mira」をリリースする。

7月3日リリースのニューアルバムのPVがあがっています。
百聞は一見にしかず。いや、まずは音を聴いてください!

Alone in the dark / COMEBACK MY DAUGHTERS


21 years old / COMEBACK MY DAUGHTERS


COMEBACK MY DAUGHTERS|New ALBUM『Mira』トレーラー映像

前作"OUTTA HERE"も最高です!


COMEBACK MY DAUGHTERS - WHY (OFFICIAL VIDEO)


COMEBACK MY DAUGHTERS - Always on your side (OFFICIAL VIDEO)


COMEBACK MY DAUGHTERS"BACK IN THE SUMMER" Trailer

おおお!!!
最高だ!最高過ぎる!
今日はここまで!
明日また別のユニットを紹介します!





| LIVE | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
Entry
Category
Archives
Recent comment